s6使用構築 カバリザクチート 最高2153 最終2103

 

こんにちは。ナインです。S6お疲れさまでした。

今期は2100達成と最高レートを更新することができたので記事を書きたいと思います。

 

<構築経緯>

 今期もいつもどおりのポリクチを使用していたがカバリザの増加で思うように勝てなくなったためポリクチで誘うポケモンに強いポケモンを通すことを考えた。そこでポリクチで誘うテテフ、テッカグヤギルガルド等に強いメガリザードンyを採用し、構築の軸とした。次にリザードンと相性の良いカバルドン、どちらの選出にも組み込めるミミッキュを採用。最後にキノガッサ対策としてキノガッサを採用した。

 

<並び> 

 

<個体解説>

※選出率はレート2000以上の対戦80戦の集計です 

 

 

クチート@メガ石 威嚇→力持ち

意地っ張り 151(204)-157(140)-145-*-115-91(164)

ふいうち

アイアンヘッド

雷パンチ

剣の舞

 

HB:補正ありミミッキュの+1ゴーストzを最高乱数以外耐え

A:雷パンチでHB特化エアームドを確定2発

S:無振り70族抜き

 

いつもの嫁ポケ兼相棒。今期は裏選出での採用。

そのため技と調整は役割を絞ったものとなっている。

 主にリザードンでは崩せなさそうなドヒドイデ入りの受けサイクルや受けループに選出していく。そのため技はドヒドイデエアームドへの打点の雷パンチとモロバレルゲンガーへの打点としてアイアンヘッドを採用した。選出率は低いがパーティにいるだけでリザードンに弱いポケモンを誘うことができるためある意味一番仕事をしていたとも言える。

選出率は28.6%で6位

 

 

ポリゴン2@進化の輝石 ダウンロード

生意気 191(244)-100-112(12)-125-161(252)-80

恩返し

冷凍ビーム

トリックルーム

自己再生

 

ポリクチの並びを作るために採用

クチートと選出するよりリザードンと選出したいことが多かったためゲッコウガやカプ・コケコ等の高速アタッカーに後出しするためにHDで採用した。リザードンで数的有利を取った後の詰め性能が素晴らしかった。

ポリクチと並べることでHC型想定で動かれることが多く、相手の予想外の耐久で1ターンアドバンテージを取れることがよくあった。

選出率は41.7%で5位

 

 

 

リザードン@メガ石y 猛火→日照り

臆病 153-111-99(4)-211(252)-135-167(252)

オーバーヒート

火炎放射

エアスラッシュ

地震

 

今回の構築の軸

ミラーとテテフやバシャーモ意識で最速。

技はテテフを一撃で落とすためのオバヒ、安定の火炎放射、リザxやバシャーモへの打点としてのエアスラッシュまで確定。ラストはヒードランが重かったので地震を採用した。

基本的に初手に選出し高火力で相手のサイクルを崩し、数的有利を取っていく。

ポリクチできついテテフ、ギルガルドテッカグヤカバルドンなど普段から頭を悩ませていたポケモンを吹き飛ばすのが最高に気持ちよかった。

選出率は64.3%で1位

 

 

カバルドン@ゴツメ

腕白 215(252)-132-187(252)-*-93(4)-67

地震

氷の牙

欠伸

怠ける

 

リザードンと相性のいいポケモンとして採用

 前述のポリゴン2と合わせて詰めとして使う。

電気の一貫性を切れるのと対ミミッキュ性能が優秀だった。

選出率は58.3%で4位

 

 

キノガッサ@気合の襷

意地っ張り 135-93-(204)-107(52)-*-80-122(252)

マッハパンチ

タネマシンガン

岩石封じ

キノコの胞子

 

HB:無補正キノガッサマッハパンチを高乱数2耐え

 

ここまででキツいキノガッサ対策で色々と誤魔化しが効くポケモンとして採用

このポケモンを採用したことでキノガッサ+メガ+ミミッキュといった対面的な選出もすることができ、選出の幅を広げることができた

選出率は44.0%で4位

 

ミミッキュ@ゴーストz

意地っ張り 131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)

かげうち

シャドークロー

じゃれつく

剣の舞

 

クチート軸とリザードン軸の両方の選出に組み込めるポケモンとして採用

この構築はギャラドスが重いため耐久に振りフェアリーzにすることも考えたがキノガッサの上を取りたいのと鋼やフシギバナへの打点が欲しかったためASゴーストzにした。

フシギバナ入り等には初手に出すこともあるが基本的に後発で詰めに使う。

選出率は63.1%で3位

 

<基本選出>

リザードンカバルドンポリゴン2ミミッキュから2体

この選出が一番多い

リザードンで数的有利を取り、残りの2匹で詰めていく

 

キノガッサクチートorリザードンミミッキュ

サイクル負けしそうな時に相手のポケモンを強引に削っていく対面的な選出

主に受けサイクルやキノガッサ入りへ選出する

 

<きつい構築>

バトン構築

イーブイバトン、分身バトン共にほぼ勝てない

勝ち筋はクチートでバトン際のピクシーにアイヘを当てるくらい

2100に乗ってから200~300差のバトンパに3回当たり、全て負けたのでレート差マッチの多いSMでは対策する必要があると感じた。 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

今期は自身の最高レートを更新することができ、また今までで一番長く2100帯に留まることができて非常に楽しいシーズンでした。ただ2200に乗れなかったのが心残りのためUSUMは2200目指して頑張りたいと思います。

 

何か質問等ありましたらコメントか@nine_pokeまでどうぞ

 

f:id:nine_poke:20171110213919p:plain