ポケモン竜王戦2020予選使用構築 カバルドン+イベルタル展開 最終3位 レート1882

 こんにちは。ナインです。

 

 今回ポケモン竜王戦2020予選で最終3位という成績を取ることができたため使用構築の記事を書かせていただきたいと思います。

 

 本戦の戦績は34勝4敗で、構築的に厳しい相手や急所負け以外では負けることがなかったので、結構完成度の高い構築に仕上がったのではないかと思っています。

 

<並び>

f:id:nine_poke:20201214154350j:plain


<構築経緯> 

 

 まず伝説枠を前回の竜王戦でも使用したイベルタルを採用することに決めた。

 イベルタルの強い使い方を考えたところザシアンやムゲンダイナなど、対面では不利を取るがダイジェットを詰めれば有利を取れるポケモンが多かったため、カバルドンで対面操作をして有利対面を作ってから先にダイジェットを積んで制圧していく動きが強いと考えた。

 

 一般ポケモンイベルタルのパワーでゴリ押せると考えていたため、他のポケモンは相手の伝説ポケモンへの対策を考えて補完を組んでいくことにした。

 

カバルドンイベルタルの二匹で重めな伝説の対策として

ムゲンダイナ対策→ウツロイド

ザシアン対策→スカーフエースバーン

ゼルネアス、白バドレックス対策→チョッキメタグロス

をそれぞれ採用

最後にイベルタルで不利を取るバンギラスに強く、カバルドンとの相性も良い砂かきウオノラゴンを採用した。

 

f:id:nine_poke:20201214101441g:plain

イベルタル@命の珠 特性:ダークオーラ

臆病 201-136(4)-115-183(252)-118-166(252)

悪の波動

デスウイング

熱風

不意打ち

 

伝説枠にして本構築の軸

型はダイマックス時の性能が一番高い命の珠型で採用

ダイマックスするとダークオーラの補正も相まって凄まじい火力が出る

カバルドン展開との相性が良く、ステロを撒いてダイジェットを積んでしまえば止められるポケモンは殆ど存在しなかった

今回も頑張ってくれた最強で最高の相棒

またあの舞台に連れて行ってあげたかった…

 

 

f:id:nine_poke:20200801173653g:plain

カバルドン@オボンのみ 特性:砂起こし

腕白 212(228)-132(212)-181-*-101(68)-67

地震

ステルスロック

欠伸

吹き飛ばし

 

HB:オボン込みで特化ザシアンのきょじゅうざん2耐え

HD:補正なしサンダーの珠ダイジェット最高乱数以外耐え。

 

殆どの試合で選出したクッション兼展開要因

イベルタルで重い電気の一貫を切りながら欠伸ステロ展開をしていく

配分はザシアン意識でHBに寄せているが、ザシアンにカバルドンをあと投げする機会が一回もなかったため構築的に重めなラプラスイベルタル意識でHDベースの配分にした方が良かったかもしれない

 

f:id:nine_poke:20201214101448g:plain

ウツロイド@パワフルハーブ 特性:ビーストブースト

臆病 185(4)-*-77(76)-169(172)-152(4)-170(252)

メテオビーム

パワージェム

アシッドボム

身代わり

 

ビーストブーストでSが上がる調整

余りB

 

ムゲンダイナ対策として採用

コスモパワーを積まれても勝てるようにアシッドボムを採用している

普通のメテオビームウツロイドとしても使うことができるため汎用性を落とさずにムゲンダイナの対策ができるのが非常に強力

このポケモンのおかげでムゲンダイナ+テッカグヤのような並びにはeasywinできることが多かった

ただ、環境が進むにつれてムゲンダイナがダイマックス砲を使うことが増えてきたので安易にウツロイドを後投げせずに、カバルドンと対面させて型を見てから投げるようにしていた

 

f:id:nine_poke:20201214101444g:plain

ウオノラゴン@拘り鉢巻 特性:砂かき

陽気 165-142(252)-121(4)-*-100-139(252)

エラがみ

逆鱗

ロックブラスト

寝言

 

イベルタルで重いバンギラス絡みへの崩しと初手にカバルドンを置いた時の水技への引き先として採用

砂かきが本当に警戒されなかった為、ザシアンや黒バドレックスで上から殴ることでウオノラゴン見る選出をされることが多く、これらのポケモンに上からエラがみを入れることでeasywinをすることができた。

また相手の構築にウオノラゴンやカイオーガがいても初手にカバルドンを置くことができる為選出パターンを増やすことができてとても便利だった。

 

発想はs12のいろはさんの構築記事から頂きました。滅茶苦茶強かったです。

参考:http://irohapoke15.hatenablog.com/entry/2020/12/05/221553

 

f:id:nine_poke:20201214101457g:plain

メタグロス@突撃チョッキ 特性:クリアボディ

意地っ張り 187(252)-205(252)-150-*-110(4)-90 

バレットパンチ

アイアンヘッド

冷凍パンチ

アームハンマー

 

 ゼルネアスと白バドレックス対策として採用。

その他にも構築で重めのレヒレラプラスの相手もしてもらっていた。

このポケモンダイマックスを切ることでこれらのポケモンダイマックスを止めることができるため比較的安定して処理することができた。

 

f:id:nine_poke:20201214101452g:plain

エースバーン@拘りスカーフ 特性:リベロ ※巨大個体

意地っ張り 155-184(252)-95-*-96(4)-171(252)

火炎ボール

飛び膝蹴り

捨て身タックル

とんぼ返り

 

ザシアンを上から縛ることができることを評価して採用

このポケモンがいることでザシアンに剣の舞を積まれてしまっても上から縛ることができるため安定して倒すことができた。

カバルドンイベルタルで荒らした後のスイーパーとしても優秀だった。

 

 

 

<基本選出> 

カバルドンイベルタル+ウオノラゴンorエースバーン

初手カバルドンのステロ欠伸展開からイベルタルダイマックスからのエースバーンで詰め

ウオノラゴンで荒らした後イベルタルダイマックスすることもある

 

ラプラスorレヒレ+ザシアン

メタグロスカバルドン+エースバーン

ラプラスやレヒレメタグロスで倒してエースバーンの一貫を作っていく

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

今回の結果は3位となり、本選出場権を得ることができなかった為、僕のポケモン竜王戦2020はこれで終わりとなりました。

あと一歩手が届かなかったことが本当に悔しいです。

次の竜王戦はいつになるのかわかりませんが、また機会があったら挑戦したいですね。(その頃僕は一体何歳なんだろう?)

 

何か質問等ありましたらコメントか@nine_pokeまでお願いします

 

 <戦績>

TN:ニア    34勝4敗 レート1882 最終3位

 

スペシャルサンクス

構築相談に乗ってくれたぼんこふさん、大統領

予選当日に個体を貸してくれたうぇぶりおさん、椛さん

応援してくれた通話窓のみんな

 

f:id:nine_poke:20201214161005p:plain



 

 

 

剣盾s8使用構築 サナハッサム 最終日最高60位 最終546位

こんにちは。ナインです。

剣盾S8お疲れ様でした。

 

 今期は中盤以降本当に勝つことができず最終日も2000位からスタートしたため非常に苦しいシーズンでした。最終の結果は溶かしてしまいましたがレート2100には乗ることができたため記録として残しておきたいと思います。

 

 また細部は異なりますがこの構築のベースとなった構築で第12回葉桜杯に優勝することができました。決勝と準決勝は配信されています。叩き落とすを持ったサーナイトが活躍しているので良かったらご覧下さい。

 

www.youtube.com

 

<並び>

f:id:nine_poke:20200802171951j:plain

<構築経緯> 

 新環境でのサーナイトの使い方を考えようと覚える技一覧を眺めていたところポリゴン2に刺さる叩き落とすを覚えることを知った為、以前から使っていたチョッキサーナイトに叩き落とすを覚えさせて構築を組み始めた。

 チョッキサーナイトと組ませるポケモンとして物理受けのカバルドンは前回から引き続き採用。この2匹ではゴリランダーが受からないのと先制技が欲しかった為、ハッサムを採用してこの3匹を基本選出とした。 

 次に、ここまでの3匹で重いウーラオスジバコイル に強いギャラドスと火ロトムを採用。最後にサーナイトカバルドンを選出できないときにドラパルトを一匹で見れるポケモンが欲しかったためポリゴン2を採用した。

 

 

f:id:nine_poke:20200101232508g:plain

サーナイト@突撃チョッキ 特性:トレース

控え目 175(252)-*-85-166(44+)-135-127(212)

ムーンフォース

サイコショック

未来予知

叩き落とす

 

S:S-1状態でポリ2を大体抜けるライン

C:余り

 

嫁ポケ枠

今回の構築の軸

サイコショックの枠はマジカルフレイムを採用していたが、構築的に重いアシレーヌや火ロトムに詰まされることが多かった為最終日に急遽変更した

サーナイトが叩き落とすを覚えることはあまり認知されていない為本当によく刺さった

輝石を叩き落とした後に未来予知を使って1ターンに2回攻撃することでポリ2の回復を間に合わせずに突破することができる(HDは無理)

サーナイトとポリ2の対面で引いてくる相手もいたが未来予知から入ることで交代先に負荷をかけることができるため叩き落とすがバレても強い型だったと思う

 

f:id:nine_poke:20200801173644g:plain

ハッサム@拘り鉢巻 特性:テクニシャン

意地っ張り 177(252)-200(252+)-120-*-100-86(4)

バレットパンチ

ダブルウイング

ばかぢから

とんぼ返り

 

高火力の先制技を使えてゴリランダーに強い点を評価して採用

お互いにダイマックスを切り終わった後の縛り性能が非常に高く、他のポケモンダイマックスで相手のダイマックスをいなしてこのポケモンで抜いていく動きが多かった

 

 

f:id:nine_poke:20200801173715g:plain

ポリゴン2@進化の輝石 特性:アナライズ

図太い 191(244)-*-149(204+)-125-123(60)-80

トライアタック

冷凍ビーム

放電

自己再生

 

HD:特殊珠エースバーンのキョダイカキュウを高乱数2耐え

HB:余り 

 

ドラパルトやギャラドス受けとして採用

サーナイトカバルドンを両選出できないときの誤魔化し枠

無難に強かった

 

 

f:id:nine_poke:20200801173705g:plain

ロトム@拘りスカーフ 特性:ふゆう

臆病 139(108)-*-128(4)-142(132)-129(12)-162(252+)

オーバーヒート

悪の波動

トリック

ボルトチェンジ

 

構築で重めのジバコイルに強めのポケモン

持ち物はポリ2に対してのトリックが強力なのと全体的に低速気味だったので拘りスカーフを持たせた

後述のギャラとのタイプ受けサイクルが優秀だった

 

 

f:id:nine_poke:20200801173653g:plain

カバルドン@アッキのみ 特性:砂起こし

腕白 215(252)-132-187(252+)-*-93(4)-67 

地震

ヘビーボンバー

ボディプレス

怠ける

 

サーナイトを選出する際の物理受けとしての採用

持ち物はエースバーン意識でアッキのみ

このポケモンには物理方面の詰ませを担当してもらいたかったのでダイマックスを切っても強い構成にした

他のポケモンで相手の特殊アタッカーを倒してからこのポケモンで詰めていく動きが強力だった

 

参考:https://spokemon929.hatenablog.com/entry/2020/07/02/013156

 

f:id:nine_poke:20200203005348g:plain

ギャラドスゴツゴツメット 特性:威嚇

意地っ張り 201(244)-165(36+)-116(132)-*-121(4)-113(92)

滝登り

飛び跳ねる

地震

挑発

 

A:11n

HB:準速60族抜き

HB:余り

 

水ウーラオスやエースバーン意識で採用

持ち物はゴツメを持たせることで水ウーラオスに後出しから勝てるようになる

ただ悪ウーラオスは受けることができないので選出するときは基本的にカバとセットで選出していた

 

 

<基本選出> 

サーナイトカバルドンハッサムorギャラドス

相手の特殊アタッカーをサーナイトハッサムで処理してカバルドンで詰めていく

 

ロトムギャラドスポリゴン2 orカバルドン

サナカバが出せないときの裏選出

主にウーラオス入りに対しての選出する

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました

何か質問等ありましたらコメントか@nine_pokeまでお願いします

 

 

 <戦績>

TN:ナイン    最終日最高60位(3:05時点レート2100くらい) 

       最終546位

 

 

f:id:nine_poke:20200802171928p:plain

 

 

 

剣盾s6使用構築 美女と野獣 最終19位

こんにちは。ナインです。

剣盾S6お疲れ様でした。

 

今期は同じ通話窓のぼんこふさんが使っていたスカーフタチフサグマ+ギャラガルドの並びが強いと思った為この並びを軸に自分なりに補完を組んでみました。

この3匹の並びについては原案者のぼんこふさんが記事を書いていますのでよかったらこちらも閲覧お願いします。

 

ぼんこふさんの記事のリンク

bonkohu.hatenablog.com

 

※ちなみに構築名は美女(サーナイト)と野獣(タチフサグマ)です

<並び>

f:id:nine_poke:20200601142439j:plain




<構築経緯> 

 スカーフタチフサグマ+ギャラガルドを軸に補完を考えた。まずサーナイトは使いたかったのでこの3匹で重めのアシレーヌラプラス等の特殊アタッカーを意識したチョッキ型で採用した。次にサーナイトで不利を取るドリュウズミミッキュに強いHBカバルドンを採用。最後に入れ得ポケモンミミッキュを入れて構築が完成した。

 

 

f:id:nine_poke:20200101232508g:plain

サーナイト@突撃チョッキ 特性:トレース

臆病 175(252)-*-86(4)-154(68)-138(20)-133(164+)

ムーンフォース

サイコショック

マジカルフレイム

未来予知

 

HD:特化眼鏡アシレーヌムーンフォース2耐え高乱数耐え(91.8%)

S:準速80族抜き

C:余り

 

嫁ポケ枠

今期はこの子が本当に強かった

持ち物は拘りスカーフをタチフサグマに使いたかったのと、構築で重めのアシレーヌラプラス等に強く出たかったので突撃チョッキを持たせた

素で特殊耐久が高く、特殊との打ち合いで有利になれる技を複数持つサーナイトにチョッキを持たせることで特殊との打ち合いに非常に強くなる

配分はロトムトゲキッスの上から行動したい場面が多いため、HSベース

技はメインウェポンのムーンフォースに炎打点でCダウン効果が優秀なマジカルフレイムと相手のチョッキ持ちや瞑想してくるポケモンにも打ち勝てるサイコショック

最後の枠は受け崩しや様々な勝ち筋を作ることのできる未来予知を採用した

未来予知を無理せず採用できるところも強力で、相手の予想外の勝ち筋をいくつも作ることができた(そして綺麗に決まると滅茶苦茶気持ちいい)

サーナイト自身のスペックを極限まで活かせた強力な型だったと思う

選出率も高く、間違いなく今期のMVPだった

 

 

f:id:nine_poke:20200601073611g:plain

タチフサグマ@拘りスカーフ 特性:負けん気

意地っ張り 169(4)-156(252+)-121-*-101-147(252)

叩き落とす

インファイト

トリック

捨て台詞

 

構築の軸のスカーフタチフサグマ

主に初手に選出して捨て台詞から裏のポケモンを展開していき、終盤はトリックで詰めていく

後述のギルガルドとの相性補完が優秀で、よくドラパルトやミミッキュの霊技読みで後出ししてアドを取りに行っていた

 

 

f:id:nine_poke:20200203005452g:plain

ギルガルド@食べ残し 特性:バトルスイッチ

控え目 165(236)-49-168(60)-103(188+)-161(4)-83(20)

キングシールド

シャドーボール

ラスターカノン

身代わり

 

HB:A-1無振りナットレイの叩き落とすを身代わりが大体耐える

S:同族意識

 

普通の残飯ガルド

このポケモンはドラパルトやミミッキュに上から縛られるのが弱いところであったがスカーフタチフサグマと組ませることでこれらのポケモンに対しても強気に立ち回ることができた

タチフサグマの捨て台詞やギャラドスの威嚇でのサポートから身代わりを残す動きが強力だった

 

 

 

f:id:nine_poke:20200101232608g:plain

カバルドンゴツゴツメット 特性:砂起こし

腕白 215(252)-132-187(252+)-*-93(4)-67 

地震

守る

欠伸

怠ける

 

サーナイトを選出する際の物理受けとしての採用

HB怠けるにすることで今期多かったアッキミミッキュで詰めていくような対面構築はこのポケモンで詰ませることができた

持ち物は削り意識のゴツゴツメット

アッキミミッキュに対してもドレパンの回復が間に合わないので勝つことができる

 守るはダイマックスターン稼ぎや、お互いダイマックスを切った後に欠伸守るで詰めていけるのが強力だった。

 

f:id:nine_poke:20200203005348g:plain

ギャラドス@オボンの実 特性:威嚇

意地っ張り 176(44)-187(196+)-113(108)-*-122(12)-120(148)

滝登り

飛び跳ねる

身代わり

竜の舞

 

H:4n(身代わり2回でオボン発動)

HB:ダイマックス後陽気珠ギャラドスのダイジェット2耐え

S:準速アーマーガア抜き(+1で最速アイアント+2)

 

地面の一貫切りと相手のギャラドスと打ち合えるポケモンとして採用

このポケモンもタチフサグマの捨て台詞から展開できるポケモンであり、威嚇と捨て台詞で能力を下げたポケモンを身代わり龍舞で起点にしていく動きが強力だった

ロトム入りに選出できないのが窮屈であったため命の珠を持たせて使っていたこともあったが、相手のギャラが重くなるのと後述のミミッキュに命の珠を使えなくなるのが弱かったため最終的にオボンになった

 

 

f:id:nine_poke:20190108220238g:plain

ミミッキュ@命の珠 特性:化けの皮

陽気 131(4)-142(252)-100-*-125-162(252+)

かげうち

ゴーストダイブ

じゃれつく

呪い

 

カバギャラで不利を取るロトム系統に対する詰めや相手のミミッキュストッパーとしての採用。

最初は普通の剣舞型で使用していたがギルガルドを選出しない際に相手のナットレイに詰まされることが多かったので呪いを採用した。

 

 

<基本選出>

タチフサグマ+ギルガルドギャラドスorミミッキュ

タチフサグマの捨て台詞から展開していく

技の一貫が切れているので相手のダイマックスをサイクルを回すことで枯らしやすい

 

サーナイトカバルドンギャラドスorミミッキュ

裏選出のつもりだったがこっちの選出の方が多かった 

相手の特殊アタッカーをサーナイトミミッキュで処理してカバルドンで詰めていく

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

人と構築を組んだのは初めてだったんですがお互いの思考回路が全然違うので同じ並びから組み始めても補完が全然違う形になるのが面白かったですね。

今期は最終19位という今までで一番良い結果を残すことができましたが、一桁狙いを止めて撤退したから残せた結果なので今後はもっと上を目指して頑張りたいと思います。

 

何か質問等ありましたらコメントか@nine_pokeまでお願いします

 

スペシャルサンクス>

同じクマギャラガルドを使って何度も相談に乗ってくれたぼんこふさんと大統領

いつも通話してくれている通話窓の方々

 

 

 <戦績>

TN:ナイン            最終19位

TN:shootingster   最終494位

f:id:nine_poke:20200601174149j:plain

 

 

剣盾s3使用構築 カバドリサーナイト 最終日最高2位最終117位

こんにちは。ナインです。

剣盾S3お疲れ様でした。

 

今期は最終日になっても構築が定まらず、コロコロ並びを変えながら潜っていましたが二桁に入ってから変更した並びがうまく刺さり、最終日に最高2位を達成することができました。この並びでは20戦程度しか対戦していない為、煮詰め切れていないところもありますが良かったら参考にしていただけると幸いです。

 

<並び>

f:id:nine_poke:20200301172635j:plain


<構築経緯> 

 今期はサーナイトを使う上で必要なクッション枠としてカビゴンブラッキーを使ってみたが、補完がうまく組めなかっため前期同様カバルドンをクッション枠として採用した。カバルドンで重いロトム系統に強いサザンドラと詰めと切り返しに使うミミッキュは変わらず採用。次にトゲキッスがいる構築に対してサザンドラを選出できないのが窮屈であったため後出しが可能なチョッキドリュウズを採用。最後にここまでで重いアーマーガアとヒヒダルマ対策として水ロトムを採用した。

 

 

f:id:nine_poke:20200101232508g:plain

サーナイト@拘りスカーフ 特性:トレース

てれや(臆病ミント使用)CS

ムーンフォース

サイコショック

マジカルフレイム

トリック

 

嫁ポケ枠

主にドヒドヌオーなどの受け回しやサーナイトが通せそうな構築に選出する。

今期はウオノラゴンが増えていたため対面で勝てるこのポケモンを選出することも多かった。

有利不利がはっきりしているポケモンなので安易に選出すると一方的に負けてしまうが、刺さっている構築を見極めて選出すれば非常に強いポケモンだった。

 

 

f:id:nine_poke:20190108220226g:plain

サザンドラ@拘り眼鏡 特性:浮遊

臆病CS

流星群

悪の波動

ラスターカノン

とんぼ返り

 

チョッキドリュウズを採用したことによりトゲキッス入りにも選出ができるようになった。増えていたカビゴンに良いダメージを入れられるのが強力で、選出機会も多かった。

 

 

f:id:nine_poke:20200101232608g:plain

カバルドン@オボンのみ 特性:砂起こし

腕白H252B12D244

HB:無補正ヒヒダルマのつららおとし確定耐え

D:珠トゲキッスの草結び最高乱数以外耐え

地震

ステルスロック

吹き飛ばし

あくび

 

今期はクッション枠としてブラッキーカビゴンも試してみたが、ブラッキーを入れるとミミッキュトゲキッスが重くなりすぎてしまい、補完が組み切れなかった為解散。カビゴンだとドラパルトに対して安定しなかったのと欠伸で流した後の負荷を掛けづらかったのでカバルドンを採用した。

 

ウオノラゴンやラム持ちが増えてキツい場面も多かったが、それでも砂とステロによる削り性能と吹き飛ばしによる起点回避性能がとても優秀だった。

 

 

f:id:nine_poke:20200301040449g:plain

ドリュウズ@突撃チョッキ 特性:砂かき

意地っ張りH76A36B4D252S140

じしん

アイアンヘッド

岩雪崩

角ドリル

 

サザンドラを出したいけどトゲキッスがいて出せないということが多かったのでトゲキッス対策として後出しが可能なチョッキドリュウズを採用した。

カバルドンと同時採用することでダイマックスせずとも素早さを上げられるのが偉かった。

 

 

f:id:nine_poke:20200301040419g:plain

ロトム@カゴのみ 特性:ふゆう

図太いH252B140C52D4S60

ハイドロポンプ

ボルトチェンジ

悪巧み

眠る

 

HB:ドリュウズ地震最高乱数耐え

S:準速ギルガルド+2

 

構築記事を読み漁っていた時に見つけた眠る悪巧みロトム

構築で重いアーマーガアとヒヒダルマに強い他、カゴのみを持っているので欠伸カビゴンの前で悪巧みを積むことができるのが強かった。

眠るは面白そうだったので採用してみたが、一桁から潜って当たった2000位の方に悪波が無いことで負けてしまった為悪波を採用していた方が良かったかもしれない。

とはいえ眠るのおかげで勝てた試合もあったので、強い型だとは思います。

最終日に構築を考えたことによる練度不足が目立った枠でした。

 

 参考:https://hagiwarayukipoke.hatenablog.com/entry/2020/02/02/132557

 

 

f:id:nine_poke:20190108220238g:plain

ミミッキュ@命の珠

陽気AS

かげうち

ゴーストダイブ

じゃれつく

剣の舞

 

今期はカビゴンや化石竜に対してのじゃれつの火力が欲しい場面が多かったため命の珠を持たせた。

場を整えてからのラス1ミミッキュが本当に強かった。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

今期は最終日に最高2位まで順位を上げることができて非常に楽しいシーズンでした。

ただ最終日まで構築が纏まらず、サブロムを用意する余裕もなかった為、反省することが多いシーズンでもありました。

とはいえ剣盾の最終日の取り組み方も段々分かってきた為、今後も最終一桁目指して頑張りたいと思います。

 

 

何か質問等ありましたらコメントか@nine_pokeまでお願いします

 

最高 ※最終日4:00時点 ここから一勝して7:00に3位

f:id:nine_poke:20200301172836j:plain

 

最終 前期と全く同じです笑

f:id:nine_poke:20200301172840j:plain

 

剣盾s2使用構築 サーナイト入りカバギャラサザンガルド 最終日最高53位最終117位 第36回シングル厨のつどい優勝

こんにちは。ナインです。

剣盾S2お疲れ様でした。

 

今期もサーナイトを使ってレート潜っていました

2ロムで潜っていたため各ロムの結果は以下の通りです

TN ナイン:最高53位最終142位

TN ShootingSter:最高80位くらい最終117位

最終2桁前半を目標としていたので溶かしてしまったことに悔いはありません

またこの構築で最終日直後の第36回シングル厨のつどいに参加して優勝することができました。

 

f:id:nine_poke:20200203012023p:plain

 

<構築経緯> 

 今期もスカーフサーナイトから構築を組み始めた。そこでサーナイトで重いカビゴンミミッキュドリュウズ等に対するクッションとしてカバルドンを採用、この2匹と相性の良いダイマックスエースとして珠ギャラドスを採用した。次にこの3匹で重いロトムに強いポケモンとしてサザンドラ、アーマーガアとヒヒダルマに強いポケモンとしてギルガルドを採用。最後にダイマックスに対しての切り返しや対面選出を作ることができるミミッキュを採用した。

 

 

f:id:nine_poke:20200101232508g:plain

サーナイト@拘りスカーフ 特性:トレース

てれや(臆病ミント使用)CS

※トリックを多用するポケモンなので性格は無補正推奨

ムーンフォース

サイコショック

マジカルフレイム

トリック

 

嫁ポケ枠

主にドヒドヌオーなどの受け回しやサーナイトが通せそうな構築に選出する。

今期はギルガルドカビゴンの流行により選出するのが難しかったが、選出する構築を見極めれば十分に活躍してくれた。

選出率6位

 

f:id:nine_poke:20190108220226g:plain

サザンドラ@拘り眼鏡 特性:浮遊

臆病CS

流星群

悪の波動

ラスターカノン

とんぼ返り

 

技はタイプ一致技とミミッキュを一撃で落とせてダイマックスでBを上げることのできるラスターカノンとミミッキュとの対面時に皮をはがしながら引くことのできるとんぼ返りを採用。

炎技が欲しい場面もあったが炎技を打ちたいアーマーガアとナットレイは後述のギルガルドで相手できると判断して採用しなかった。

選出率4位

 

f:id:nine_poke:20200203005452g:plain

ギルガルド@食べ残し 特性:バトルスイッチ

控えめH204B68C236

キングシールド

シャドーボール

ラスターカノン

身代わり

 

サイクルを回せるように持ち物は食べ残しを持たせて重いナットレイやヌルアント意識で身代わりを採用した。

ヒヒダルマに後出しができるのが優秀で、このポケモンがいることで相手のパーティにヒヒダルマがいても初手にサザンドラカバルドンを投げることができた。

選出率5位

 

 

f:id:nine_poke:20200101232608g:plain

カバルドン@オボンのみ 特性:砂起こし

腕白H252B12D244

HB:無補正ヒヒダルマのつららおとし確定耐え

D:珠トゲキッスの草結び最高乱数以外耐え

地震

岩石封じ

ステルスロック

あくび

 

この構築の核となるポケモンであり、ほとんどの試合で選出していた

岩石封じはギャラドスと相性が良く、ミミッキュ等のギャラドスよりも早いポケモンに対して素早さを下げてからギャラドスでダイジェットを打つことで上を取り続けることができる。

それ以外にも挑発をされても起点回避がしながらダイマックス前のトゲキッス等に対してそこそこの削りを入れられるところが強力だった

ただ吹き飛ばしがない弊害として身代わり鬼火持ちのドラパルトに起点にされてしまう為環境次第で吹き飛ばしに変更することも一考の余地がある

選出率1位

 

f:id:nine_poke:20200203005348g:plain

ギャラドス@命の珠 特性:自信過剰

陽気H4A252S252

滝登り

飛び跳ねる

パワーウィップ

アイアンヘッド

 

 

最初は龍の舞を採用していたがほとんど打つことがなかったのとダイマックスでの性能が高いこのポケモンでダイウォールで1ターン消費するのは弱いと思ったためミミッキュトゲキッス意識のアイアンヘッドに変更した。

カバルドンで場を整えてから抜いていく動きも強かったが、雑に初手でダイマックスして荒らしてから他のポケモンで詰めていく動きも強力だった。

選出率3位

 

 

f:id:nine_poke:20190108220238g:plain

ミミッキュ@呪いのお札

陽気AS

かげうち

ゴーストダイブ

じゃれつく

剣の舞

 

ダイマックスターン稼ぎとダイホロウの火力を上げるためにゴーストダイブを採用

特筆することはないが普通に強かった

選出率2位

 

 

 

基本選出

サーナイトorサザンドラorギルガルドから1匹

カバルドン

ギャラドスorミミッキュ

カバルドン@1で荒らしてギャラドスミミッキュを通す選出

 

ギャラドスカバルドンミミッキュ

サイクルが回せないときの対面的な選出

初手ギャラドスで荒らしてからミミッキュで詰める

初手ギャラが不利対面を作ってしまった場合の引き先としてカバルドンを選出

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

今期は最終順位はあまりパッとしませんでしたがs2終了直後のシングル厨のつどいというオフで優勝をすることができたので徹夜で無理して参加して良かったです。

8世代では最終順位以外に価値がなくなってしまったので2ロムで潜って最終2桁のロムは維持しておこうと思っていたのですが、上を目指したくなって結局2ロムとも溶かしてしまいました笑

僕は6世代の時からいつも最終日はレートを溶かしていたので今後は最終日でも納得できる順位を維持できるように頑張りたいと思います。

 

何か質問等ありましたらコメントか@nine_pokeまでお願いします

 

最高 ※最終日6:30時点

f:id:nine_poke:20200203010928j:plain

 

サブ最終

f:id:nine_poke:20200203010844j:plain


メイン最終

f:id:nine_poke:20200203010911j:plain

 

剣盾s1使用構築 スカーフサーナイト軸 最終日最高20位最終285位

こんにちは。ナインです。

剣盾S1お疲れ様でした。

 

今期は結果は残せませんでしたが剣盾最初のシーズンなので記念に記事に残しておきたいと思います。

タイトルの最高順位は最終日の20:00くらいのものです。スクショを撮っていなかったので証拠はありませんが参考までにお願いします。

 

f:id:nine_poke:20200101155809p:plain

 <構築経緯> 

 クチートメガシンカできなくなり、対戦で使うには難しい性能になってしまったためクチートに変わる嫁ポケ枠を探すことから始めた。そこで6世代の時に使っていて可愛いスカーフサーナイトを軸として構築を組むことにした。

 まずサーナイトが不利をとるドリュウズミミッキュに強いアーマーガア、サーナイトが相手のダイマックスに返り討ちにされた際の切り替えしにミミッキュを採用。これらのポケモンのサポートとクッション枠としてカバルドン、アーマーガアとヒヒダルマ対策の水ロトムを採用。最後に重めのジュラルドンやロトム意識でサザンドラを採用した。

 

 

f:id:nine_poke:20200101232508g:plain

サーナイト@拘りスカーフ 特性:トレース

てれや(臆病ミント使用)CS

※トリックを多用するポケモンなので性格は無補正推奨

ムーンフォース

サイコショック

マジカルフレイム

トリック

 

嫁ポケ枠

持ち物はドラパルトの上をとれてトリックにより受け崩しも可能な拘りスカーフ

特性トレースとスカーフトリックにより様々な立ち回りが可能なポケモン

具体例としてはトリトドンの呼び水トレース→水技を受けてCを上げてからダイマックスして崩す、ドヒドイデの再生力をトレースして回復、スカーフトリックして裏のポケモンで詰め等々

使う度に新しい立ち回りを見つけられて面白いポケモンなので是非とも一度使ってみて欲しい

 

f:id:nine_poke:20200101232528g:plain

サザンドラ@突撃チョッキ 特性:浮遊

臆病CS

流星群

悪の波動

ラスターカノン

とんぼ返り

 

重いジュラルドンやロトムに強めでドリュウズに対して上から殴れるポケモンとして採用

持ち物は眼鏡とスカーフがなかったので突撃チョッキを採用してみた

ドラパルトに上から縛られるのとフェアリーに止められるのが辛く、あまり選出することができなかった

要検討枠

 

f:id:nine_poke:20200101232608g:plain

カバルドン@オボンのみ 特性:砂起こし

腕白H252B12D244

HB:無補正ヒヒダルマのつららおとし確定耐え

D:余り

地震

岩石封じ

ステルスロック

あくび

 

サーナイトで不利をとるドリュウズカビゴンに対するクッションとして採用

ステロあくびにより裏のアーマーガアやミミッキュのサポートをしていく

 

f:id:nine_poke:20200101232630g:plain

ロトム@拘り眼鏡 特性:浮遊

控えめH252C196S60

S:準速60族+2

C:余り

ハイドロポンプ

10万ボルト

悪の波動

ボルトチェンジ

 

ここまで処理ルートが曖昧なアーマーガアに明確に強く、サーナイトが初手に出せないヒヒダルマ入りに対する初手枠として採用

調整は襷ギルガルドとミラー意識で少しSに割いた

眼鏡悪の波動でドラパルトを落とせる為初手性能が高く、困ったら初手に投げていた

また相手のアーマーガアの処理をこちらの準速アーマーガアに任せるのは無理があるので基本的にアーマーガア入りには選出するようにしていた

このポケモンが止められてしまう貯水や蓄電持ちのポケモンサーナイトで有利を取れる為、サーナイトとの相性がとても良い

 

 

f:id:nine_poke:20200101232755g:plain

アーマーガア@食べ残し

意地っ張りH156A100S252

H:16n+1

A:+1ダイジェットで無振りドラパルト確1

S:準速 +1で最速アイアント抜き

ブレイブバード

アイアンヘッド

ビルドアップ

挑発

 

サーナイトで重いドリュウズミミッキュに強い積みアタッカーとして採用

アイへはミミッキュ等のフェアリーに打ったりダイスチルで殴りながら防御を上げるために採用

カバルドンのステロあくびやサーナイトのスカーフトリックで起点を作って積んでいく

 

f:id:nine_poke:20200101232649g:plain

ミミッキュ@呪いのお札

陽気AS

かげうち

シャドークロー

じゃれつく

剣の舞

 

サーナイトが相手のダイマックスドラパルト等に倒さてしまったときの切り返しと終盤の詰めとして採用 

持ち物は珠ダメを嫌って呪いのお札を採用

無難に強かったが相手のアーマーガアに詰まされやすいポケモンなので選出する際には注意していた

 

基本選出

サーナイトサザンドラ、水ロトムカバルドンから2匹

アーマーガア、ミミッキュから1匹

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

今期は最終レートは溶かしてしまいましたが中盤に最高3位、終盤に20位まで乗ることができたのでサーナイトは剣盾環境では戦えるポケモンだと思っています。

特性トレースが面白くて楽しいポケモンなので是非使ってみて下さい

 

何か質問等ありましたらコメントか@nine_pokeまでお願いします

 

s16使用構築 環境適応 即興サザンクチート 最高2137最終2070

 

こんにちは。ナインです。S16お疲れさまでした。

 今期は実質レートでメガクチートが使える最後のシーズンだったので気合を入れていたのですが2シーズンぶりにレート2100に乗ることができ、最終日は2100帯で対戦することができたのでとても楽しいシーズンでした。

 今回使った構築は最終日に急遽作った構築なので完成度はあまり高くないと思いますがよかったら参考程度に読んでいただけると幸いです。

 

<構築経緯>

 いつも使っているサザンクチートミミッキュコケコギャラの@1枠に重いレヒレやコケコ意識のチョッキ霊獣ボルトロスを採用して最終日の一週間前くらいにレート2100に乗ることができたが最終日潜ったところ予想していたよりもレヒレが存在せず、構築的に重い鬼火ミミッキュを絡めた受けサイクルやリザグロスミミガッサ等に連敗し一度レート2000まで落としてしまいました。

 そのため急遽選出の機会が少なかっただったコケコを抜き、これらの構築に強めのHSリフレク怒りレヒレを採用。霊獣ボルトロスをレヒレのサポートから積むことのできる高速移動電気z型に変更しました。

 

<並び> 

 f:id:nine_poke:20190903231701p:plain

 

<個体解説>

 

f:id:nine_poke:20190108215418g:plain


クチート@メガ石 威嚇→力持ち

意地っ張りH236 A252 S20

ふいうち

じゃれつく

叩き落とす

冷凍パンチ

 

いつもの子。可愛い

 今期は剣の舞を採用していた枠に2000帯で多かったカバルドン入りに対するメタとして冷凍パンチを採用した。その他にもじゃれつくを打つ回数を減らせるため負け筋を減らすことができて便利だった。

 選出率100%

最終日は一度しかじゃれつくを外さなかった最高の相棒

 

f:id:nine_poke:20190108220226g:plain

サザンドラ@拘り眼鏡 浮遊

臆病 CS余りD 

流星群

悪の波動

大地の力

とんぼ返り

 

クチートと相性の良い特殊アタッカーとしての採用。

性格は最速ミミッキュやテテフ、準速メタグロスリザードンを意識の臆病

 クチートとの相性補完が優秀で受け辛い眼鏡の高火力とクチートを絡めたサイクルが非常に強力。役割対象が曖昧なポケモンなので選出率は高く、立ち回り次第で様々な勝ち筋を作ることができた。

 選出率は2位

 

 

f:id:nine_poke:20190108220238g:plain

ミミッキュミミッキュz 化けの皮

勇敢 H228 A252 B28

影うち

じゃれつく

呪い

トリックルーム

 

普通のトリルミミッキュ

 サザンクチートで鋼を削ってからミミzで負荷をかけてトリックルームで詰めていく動きが非常に強力。

配分はレヒレミミッキュ、テテフへのダメージ意識でAに振り切った。

選出率は3位

 

 

 

 



f:id:nine_poke:20190903230105g:plain

カプ・レヒレ@バンジの実 ミストフィールド

臆病 H244 B12 S252

ムーンフォース

自然の怒り

リフレクター

挑発

 

鬼火ミミッキュ入りの受けサイクルの対策を考えていたところ最終日の前日に同じサザンクチート使いのあるふそーるさんにこのポケモンを教えていただいたのを思い出し、急遽採用した。

 鬼火を持ってそうなミミッキュクチートが対面した際、このポケモンを後投げすることでミストフィールドとリフレクターにより鬼火と剣舞の両対応ができるのが強力。

 また自然の怒り+挑発でサザンドラが止まるラッキー等の数値受けを削りサザンドラを通す動きも強力だった。

 

選出率は4位

 

 

f:id:nine_poke:20190903230052g:plain

霊獣ボルトロス@電気z 蓄電

控え目 H164 B4 C116 D92 S132

H 16n-1

C 11n

D 余り

S 準速レヒレ抜き

 

10万ボルト

目覚めるパワー氷

悪巧み

高速移動

 

電気の一貫切りの為に採用。

 初めはチョッキ型だったがレヒレクチートで荒らした後詰めとなるポケモンが欲しかったので崩しと詰めが両立できる悪巧み、高速移動型に変更した。

配分はチョッキを持たせていた時の流用の為もっといい調整があると思う。

 レヒレのリフレクター+挑発のサポートから積んでいく動きが強力でカビゴンミミッキュ等を起点にして崩していくことができた。

選出率は5位

 

 

f:id:nine_poke:20190108220223g:plain

ギャラドス@半分回復実 威嚇

意地っ張り H44 A252 S212

H:4n

滝登り

地震

身代わり

龍の舞

 

いつもの半分回復実ギャラドス

 今期は選出される全てのリザグロスバシャが雷パンチを持っていたため、これらのポケモンに後投げすることができず、あまり選出できなかった。

 しかし構築で重いルカリオミミロップ等の格闘に対する性能やクチートと合わせて地面タイプに有利に立ち回ることができるのはこのポケモンにしかない魅力であったため引き続き採用した。

選出率は下がったが選出できた際にはとてもよく活躍してくれた。

選出率は6位

 

 

 

 

基本選出

サザンドラクチートミミッキュ

一番対応範囲が広くて強い選出

サザンクチートでサイクルを回して崩した後ミミッキュのトリルで詰めていく動きが強力。

 

カプ・レヒレ+クチート+霊獣ボルトロス

裏選出

キノガッサ入りやサザンクチートミミッキュで崩せないレヒレ入りに対して選出

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

何か質問等ありましたらコメントか@nine_pokeまでお願いします。

 

 

f:id:nine_poke:20190903232949p:plain